永代供養ってなんだろう?

永代供養墓のデメリット

近年、墓地を持たないで永代供養墓を選択する人が増えて来ました。
その永代供養墓とは、お墓を継ぐ者が居なくても、寺院や墓地管理者が供養、管理を永代に続けてくれます。
それでお墓を継ぐ者が居なくていいから、独身者や子供のいない夫婦などが利用をしています。
さらに子供や孫に負担をかけたくないとして利用する人も増えてきています。
永代供養墓は初めから他と一緒に合祀される合祀墓や、初めは個人だけである程度の期間が過ぎれば、合同で埋葬されるタイプがあります。
料金も墓を建てるよりは安く、50万円から利用出来ます。
それで永代供養墓のデメリットとして、合同の場合は他人の遺骨と一緒になってしまうから、取り出して他で埋葬することが出来ないことと、霊園や寺院の管理が不十分だったり、法要の儀式が三十三回忌や五十回忌だけしか行われないとかで供養が不十分になります。
しかし、故人が生前にそういう供養を望まなかったのだったらそれはそれで問題は無いということです。

recommend


新宿 レストラン



2019/12/5 更新

Copy Right 2008 清らかな永代供養 All Right Reserved