永代供養ってなんだろう?

永代供養墓と税金の関係

通常、土地を取得する場合は不動産取得税が、土地の保有時には固定資産税や都市計画税といった税金がかかりますが、お墓を立てる場合はこれらの税金は全て課されません。
また、お墓は祭祀財産に分類されるため、相続税の課税対象にもなりません。
これは永代供養墓の場合においても同様です。
「永代供養墓を買う」という行為は正確には「永代供養権をお金を払って取得する」ということを指します。
お寺や庭園などに所定の料金を払うと、所定の年数分だけお寺や庭園に面倒をみてもらえるようになります。
契約期間の満了が近づいた時は料金を支払えば契約が更新されて、継続して面倒をみてもらえます。
これは一般の不動産売買のような所有権を取得する行為とは異なるものです。
土地を取得しているわけでも、保有しているわけでもないため、不動産関連の税の課税対象にはならないわけです。
また、通常のお墓の購入では、墓石購入などで消費税がかかるなど、税が課される場面がありますが、永代供養墓の場合はそのようなことはありません。

注目サイト


フローリング ガラスコーティング


瑕疵物件 売却


2019/12/5 更新

Copy Right 2008 清らかな永代供養 All Right Reserved